買わない暮らし、持たない暮らし

物を買わない、物を持たない生活を目指す、ミニマリストな専業主婦の日々を綴ったブログです。

痛痒い!ツライ!発症して10年。30代主婦の手湿疹と汗疱の対処法。

や~。

今年も手荒れに悩まされる季節が、やってきました^^;

 

オバチャンは、「手湿疹」と「汗疱」もちです。

皮膚は薄くなるわ、水疱は出来るわで、かゆ~い毎日を送っています。

季節の変わり目にできるのよね。 

 

今回はオバチャンがやってる、「手湿疹」と「汗疱」対策をご紹介します。

 

 

手湿疹とは

別名「主婦湿疹」とも、呼ばれています。

 

水仕事を頻繁にする人に発症しやすいです。

更にアトピーだと、より発症しやすくなります。

 

症状

指先に発症する場合が多いです。

 

オバチャンも指先が多いです。

たま~に、手のひらもなります。

 

「指の皮膚が固くなる・割れる」、「指の指紋が消える」、「指の皮膚が薄くなる」、「指に水疱ができる」などの症状が現れます。

痒みを伴うことが多いです。

痒みは、手に何か触れたり、水仕事をすると悪化します。

合成洗剤の刺激でも、悪化します。

 

参考サイト

手湿疹(主婦湿疹) | ロート製薬: 商品情報サイト

 

汗疱とは

汗疱は、皮膚の中に、汗が詰まってできる皮膚炎の事です。

こちらもアトピーだと、発症しやすいです。

 

夏場など、汗をかく時期にできやすいです。

 

が。

私は、季節の変わり目によくできます^^;

汗をかかない冬場にもできます。

 

症状

コチラも、指先にできることが多いです。

 

指にプツプツと小さい水疱ができます。

水疱ができると「うわぁああ!」と掻きむしりたくなるほどカユイ!!

水疱をつぶすと中から、透明な液体が出てきます。

出た後、皮膚はパリパリに。

 

パリパリの皮膚から出血することもしばしばです。

主婦湿疹と同じく、手に刺激が加わると猛烈に痒くなります。

やっかいものです。

 

私がやってる手湿疹・汗疱対策

手湿疹・汗疱とは、もう10年近くお付き合いしています^^;

ホントは、そんなに、付き合いたくないんだけど(笑)

 

あちこちの医者に、かかりましたが、「手湿疹・汗疱ともに、根本的に治療する方法は、確率されていない」そうです。

 

対処療法で、何とかしている状況です。

 

対処療法でも、やってみると、意外と快適に暮らせますよ^^

 

医者に行く

一番いいのは、医師に薬を処方してもらう事です。

 

私は、指先に湿疹ができた時、一番強いステロイドを出してもらいました。

それを塗るだけで、ずいぶん違います^^

 

私が出してもらったのは、確か「ソルベガ」という軟膏↓

 ステロイドに抵抗がある方もいらっしゃいますが、「どうしようもないくらい!

 かゆい!」という時は、がっつりステロイドを塗った方が、早く治ります。

 

強めのステロイドで、痒みを抑え、その後、弱めの薬に切り替えていけば、大丈夫です。

 

私は、小さい頃からアトピーで、ステロイドを頻繁に使っていますが、今のところ副作用が出たことは、ありません。

 

もし、副作用が心配な場合は、医師に聞いてみて下さい。

 

市販の手湿疹の薬を買う

「医者に行きたいけど、時間がないよ!」という方には、市販の手湿疹の薬が、オススメ。

 

私が、使っているのは「メディクイック」。

手湿疹用ですが、汗疱にも効きます!!

 

色んな市販薬を試しましたが、これが一番効きます。

クリームタイプと軟膏タイプがありますが、軟膏タイプがオススメ。

 

軟膏タイプの方が粘度があり、手に長く付いていてくれます。

クリームタイプは、すぐ落ちちゃいます^^;

 

オススメの使い方は、夜寝る前に、メディクイックを塗って、綿手袋をして寝る方法。

翌朝、かゆみが大分引きますよ。

 

私はこちらの手袋を愛用中↓

FC(ファミリーケア)綿手袋 L 2枚入

FC(ファミリーケア)綿手袋 L 2枚入

 

 

痒い部分を保冷剤で冷やす

ステロイド薬は、痒みを抑えてくれますが、即効性はありません。

猛烈に痒い場合、ステロイドを塗ったところで、痒いです。

 

どうしようもなく痒い部分は、保冷剤で冷やしましょう。

冷やす方が、即効性があります。

レック UHG かたくならない 保冷剤 100g (スリム弁当箱用) KK-140
 

 「痒い部分は、熱を持っているから冷やすといいよ。掻いてしまうと、余計に熱を帯びて、ますます痒くなるからね」

と医師に言われました。

 

それ以来、痒い時は、必ず冷やしています。

 

この前も、寝る時、猛烈に指先が痒かったので、保冷剤を握りしめて、寝てました(笑)

 

夜中に、目が覚めた時には、痒みは引いていました。

 

手袋・絆創膏で、手を保護する

水に触れる、キーボードをたたく、紙に触れる。

手湿疹と汗疱は、そんな些細な刺激で、痒みが激増します。

 

手を保護し、痒みのある部分に刺激を与えないようにしましょう。

 

水仕事の時は、ゴム手袋を使います。

 

私は、調理中、使い捨ての薄いゴム手袋を使っています。

 

寝る時や水仕事以外の時は、綿手袋を使います。

FC(ファミリーケア)綿手袋 L 2枚入

FC(ファミリーケア)綿手袋 L 2枚入

 

 

が。

家事の合間に手袋を取ったり外したりするのは、かなり面倒!

綿手袋って、すぐ汚れるし^^;

 

しかも手袋したままだと、PC作業がやりにくい!!

 

そこで、私は絆創膏を使っています。

ごく普通の物です。

 

手湿疹や汗疱ができている部分に、メディクイックなどの薬を塗って、その後、絆創膏を、ペタリと貼り付けます。

 絆創膏を張るだけで、皮膚への刺激が緩和されて、楽になります!

 

ただ、蒸れやすいので、1日3回くらい貼りなおしています。

朝起きて1回、昼間に1回、お風呂上りに1回、張り直し。

 

絆創膏のテープで、手荒れする方もいるので、様子を見ながら、やって下さいね^^

私は、テープで肌荒れしないので、ガンガン絆創膏貼ってます!

 

酷い時は、5本の指、全部に絆創膏を貼ることも^^;

漫画によく出てくる、料理が下手で、包丁で手を切りまくってる人みたいです(笑)

へたおやつ 小麦粉を使わない 白崎茶会のはじめてレシピ

へたおやつ 小麦粉を使わない 白崎茶会のはじめてレシピ

 

 

純石鹸を使う

我が家は食器洗いに、純石鹸を使っています。

シャボン玉 粉石けん スノール紙袋 2.1kg

シャボン玉 粉石けん スノール紙袋 2.1kg

 

粉末のままだと、使いにくいので、空き瓶に「トロトロ石鹸」を作っています。

 

詳しい作り方は、こちら↓

 「空き瓶トロトロ石鹸」で食器を洗うようになってから、手荒れが、減りました!!

もう、合成洗剤に戻れません。

 

また、コスパも非常にいいです。

粉せっけん2kgで1年は持ちます。

洗剤を買う手間も省けますよ^^

 

水仕事を、家族に代わってもらう

新婚ホヤホヤの頃。

 

手湿疹と汗疱で荒れまくった手を、夫に見せたところ・・・。

 

夫「ぎゃーーー!!((((;゚Д゚))))」

 

叫ばれました/(^o^)\

 

「あまりにも痛々しいから・・・(´・ω・`)」と夫は率先して、水仕事を引き受けてくれます。

 

主に、皿洗い、風呂洗い、トイレ掃除など。

 

少し家事を代わってもらうだけでも、かなり楽です。

荒れ荒れの手を、家族に見せて、家事を代わってもらいましょう!

 

ビオチン療法をやってみる

「汗疱やアトピー体質の人は、ビオチンが不足している。」

「だからビオチンを補ってあげれば症状が、改善できる!」

 

というのが、ビオチン療法です。

 

必要な物は「ビオチン」、「ミヤリサン」、「ビタミンC」。

強ミヤリサン 錠 330錠 [指定医薬部外品]

強ミヤリサン 錠 330錠 [指定医薬部外品]

 
ディアナチュラ ビタミンC 60日分(120粒)

ディアナチュラ ビタミンC 60日分(120粒)

 

 オバチャンも、3カ月ほど試してみましたが、効果はなかったなぁ・・・。

 

本当は、1年くらい試す予定だったんですが。

妊娠したので、念のためストップしました。

 

こちらのビオチン療法、口コミを見た限りでは、必ずしも治る訳ではないようです。

また、即効性もありません。

 

「試しにやってみようかな」程度の気持ちでやるのが、オススメ。

 

詳しい方法は以下のページをご覧ください↓

 

ミニマリストのしぶさんも、ビオチン療法をされているようですね。

3年間も、続けられたなんてすごい!!

 

手湿疹と汗疱、うまく付き合って、快適に生活を

オバチャンは、こんな感じで、手湿疹と汗疱を凌いでします。

 

発症したばかりの頃は、毎日憂鬱で仕方ありませんでした(´・ω・`)

 

けれど、なんでも段々慣れるものです。

汗疱と手湿疹ができたら「あー、はいはい。そんな季節なのね」と思いながら、そそくさと対処。

 

湿疹との付き合い方も、うまくなってきました。

 今じゃ、季節の変わり目の風物詩です(笑)

 

「いつか治らないかなぁ~」と、ささやかな希望を持って生活しています^^

9割の医者が知らない 正しいアトピーの治し方

9割の医者が知らない 正しいアトピーの治し方

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 買わない暮らしへ

 

こんな記事も読まれています↓