買わない暮らし、持たない暮らし

物を買わない、物を持たない生活を目指す、ミニマリストな専業主婦の日々を綴ったブログです。

本が捨てられない。本を断捨離するコツとメリット

本。

 

オバチャンの中では、捨てられない物ランキング、トップ3にランクインする物でした。

 

が、それは以前の話。

 

かつて、オバチャンは500冊以上の本を、所持していました。

主に漫画(笑)

 

今の所持数は3冊です。

※夫の本、共用の本を除く。

 今では、家族全員分の本が、小さなカラーボックスに収まります。

 

ものすごく本に執着があった、オバチャン。

そんなオバチャンが本をここまで手放したコツと、本を手放すメリットをご紹介します。

 

 

本を捨てるコツ

読む頻度が低い本は、捨てる

すごく当たり前ですが(笑)

 

なんとなく取ってある本。

好きだけど、めったに読まない本。

ってありますよね?

 

オバチャンは、思い切って処分しました。

今持っている3冊は定期的に読む本です。

 

好きだけど、読まない本は捨てにくいと思うので、なんとなく取ってある本を先に捨てるとイイですよ^^

 

なんとなく取ってある本が無くなるだけで、本棚はかなーりスッキリ!!

キレイな本棚に快感を覚えて、好きな本も捨てたくなります!

 

オバチャンは、捨てれば捨てるほど、ハマってしまって、気がつけば本は3冊だけになっていましたw

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法

 

 

電子書籍で出ている本は、捨てる

今は電子書籍が、かなり充実しています。

 

電子書籍で出版されている紙の本は、思い切って一度手放しましょう。

どうしても読みたくなったら、電子書籍で買いなおします。

 

オバチャンは、紙の本は3冊しか持っていませんが、電子書籍は数百冊持っています。

紙の本を捨てて、電子書籍で買いなおした本もあります。

 

一見お金の無駄遣いに見えますよね?

でも、電子書籍は、カビや埃がついたり、スペースを占領したりしません。

メンテナンスがいらないので、非常に楽なんです。

管理の手間や収納スペースに支払う家賃を考えれば、買いなおす方が、節約になります。

 

因みに、「読みたくなったら買いなおそう」と思った本は、100冊以上ありました。が、買いなおしたのは、そのうちの1割程度。

 

必要だと思っていたのに、捨ててしまえば存在を忘れる本が大半。

「買いなおそう」と思って、本を手放せば、ゴッソリ断捨離できます。

 

オバチャンは、iPadproで電子書籍を楽しんでいます。

 

価格が抑えられた、電子書籍リーダーもありますよ。

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

 
Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

 

 

本を捨てるメリット

次に本を捨てるメリットをご紹介します。

部屋の埃が少なくなる

本は、埃の発生源かつ、埃が溜まる物。

ずーっと放置してある本は、埃が積もります。

埃を掃おうとしても、ページの隙間に挟まって、なかなか取れないことも。

本を手放せば、埃も減るし、本自体のお手入れもしなくて済みます。

 

カビや虫が沸かなくなる

長年放置してある本には、カビや虫が湧きます。

そんな本は、見た目も「うわぁ~^^;」です。

アレルギーの心配もあります。

 

本を断捨離すれば、カビや虫も一緒に断捨離できます。

 

掃除が楽になる

本の埃を掃ったり、本の整理をする必要がなくなります。

オバチャンは以前、本の整理に1日かけていました。

今は、3冊しか持っていないので、整理すること自体なくなりました。

 

収納スペースがいらなくなる

全30巻の長編漫画などは、全巻揃えると、かなりのスペースを占領します。

「他の漫画も入れたいし・・・」となると、さらに本棚が必要になります。

オバチャンの部屋は以前、本棚で埋め尽くされていました(笑)

人ではなく、本が部屋の主役。

 

そんな部屋のおかげで、生活はとても窮屈でした。

 

本を手放したおかげで、本棚は不要になり、捨てました。

 

本棚がなくなると、部屋の中は超スッキリ!

伸び伸び暮らせるようになりました。

人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに

人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに

 

 

地震で危ない目に合わない

本は、重いです。

漫画本一冊は軽いですが、何冊もあるとかなりの重量に!

 

本まみれの家で生活していた時、本棚は枕元の近くにありました。

 

「もし地震がきたら、この漫画に埋もれて死ぬんだな・・・」

と本気で思っていました。

まぁ、それはそれで、幸せだけどネ!!

 

そうはいっても、正直死にたくなない(笑)

 

それに、子供も産まれるので、できる限り、危ない物は減らしたい。

そんな思いもあり、本を減らしました。

 

今は、本の数も少ないので、「地震で崩れたら死ぬ」なんて妄想とは、無縁になりました。

 

本を手放して、快適で安全な生活を

本って、ついついとっておきたくなる物ですよね。

 

でも、「また読むから・・・」と思って、取っておくと、どんどん部屋を圧迫します。

オマケに、カビや虫の発生源になったり、命を脅かす存在になったりします。

 

本だって、持ち主にそんな思いをさせたくないはず。

 

思い切って本を手放せば、その快適さにびっくりしますよ!

オバチャンは、もう本に囲まれた生活を送るのは懲り懲りです^^;

 

紙の本は、たまーに買いますが、数か月捨ててしまいます。

本の管理の手間を考えると、取っておくより捨てる方が楽なのよね(笑

1日1か所 捨てる! ワークブック (TJMOOK)

1日1か所 捨てる! ワークブック (TJMOOK)

 

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 買わない暮らしへ

 

こんな記事も読まれています↓