買わない暮らし、持たない暮らし

物を買わない、物を持たない生活を目指す、ミニマリストな専業主婦の日々を綴ったブログです。

ブログ の書き方悩んでない?記者に学んだ、心に刺さる文章を書くたった一つのコツ

誤解のないように、始めに断っておきます。

私自身、文章を書くのは、ド下手くそです(笑)

 

でも、物書きのプロから、文書のノウハウを教わった事があります。

今回は、プロに学んだ、心に刺さる文章を書くコツをご紹介します。

 

買わない暮らしに、ブログはオススメの娯楽 

0円で出来るので、ブログは買わない暮らしに、オススメの娯楽です。

タダで出来るから、私も始めました。

 

「文章下手だから・・・」とブログを嫌煙していませんか?

「ブログやってみたいけど、文章上手くないから無理かも。」と思っていませんか?

私も始める前はそうでした。

けれど、昔出会ったある人が、私の背中を押してくれました。

もう、一生会うことのない記憶の中の人だけど、その人のおかげで「ブログ、やってみようかな。」と思えました。 

新聞記者に学んだ文章学

それは、大学時代の文章学の先生。

私は大学時代、ジャーナリズムの研究や、ジャーナリストの養成を行う学科に、所属していました。

と言っても、私はジャーナリストになりたかった訳ではありません。

指定校推薦で、たまたま枠があり、「一般受験メンドイから、この学部でいいや♪」と、適当に決めて入ったんです。

 

「ジャーナリストなんて、ごめんだね!」と思っていたので、ジャーナリスト養成系の科目は、殆ど取りませんでした。

けれど、必修科目は取らなくてはいけません。

渋々取った科目が「文章学入門」の講義。

担当する先生は、長年新聞社で働いてきた、ベテラン記者でした。

 

講義初日、ベテラン記者の先生が入ってきて一言。

「私から、文章を書く上で教えられることは一つだけだ。とにかく楽しんで書くこと!以上!」

そう言い放って、黒板に今日の文章のテーマを書き、原稿用紙を配って、椅子に座ってしまったんです。

私を含め受講生は、困惑。

とりあえず、文章を書き始めました。

 

「えええええ!!!ちょっとアンタ!ベテラン記者でしょ!助言はそんだけ!?教えられること、もっとあるでしょ!!」

もう、脳内で突っ込みまくり。

 

誤字脱字、文章の表現より、もっと大切なこと

次の講義からは、生徒が書いた文章を先生が批評することで、丸々一コマ潰れていきました。

批評といっても、誤字脱字、表現の誤りなどは、ほとんど指摘しません。 

指摘するのは内容ばかり。

「あー!単位のために適当に書いたでしょ!ダメだよ!楽しんで書かないと!」

「この文章、ちょっと気取ってるねぇ~。自分をよく見せようとしないで、自然体で書いてね。」

「ここは心理描写が足りないよ、もっと自分の気持ちを原稿用紙にぶつけてごらん。」

 

先生は始終、「自分を解放せよ!」みたいな批評をしていました。

「なんじゃ、この精神論みたいな講義は!!!」

「なんかの宗教かよぉおぉ〜~」

講義中、私はずっとそんなことを思っていました。

楽しむだけでこんなに変わる!

けれど、講義を重ねるにつれて、受講生の文章は、確実に上手くなっていきました。

最初は「ふーん」という感想しか出なかった受講生の文章が、徐々に心に刺さるものに、変わっていったのです。

講義で、他の受講生の文章を読むのが、ちょっとした楽しみになるほど。

「楽しむ」だけで、こんなにも文章が上手くなるのか、と驚愕してしまいました。

※私自身は、文章が上手くなったのか、正直分かりませんでした(笑)

でも、講義を重ねるにつれ、先生に褒められることが増えたので、多少は上手くなっていたのかもしれません。

 

ブログを書くたび、思い出す

大学を卒業して、もうすぐ10年になりますが、未だに文章を書いている時は、先生の言葉を思い出します。

「私はこのブログ、楽しんで書いてる?」

「カッコつけようとしてない?」

「ありのまま?アナ雪?」

ブログを書く時は、自分に問いかけます。

 

心に刺さる文章を書くたった一つのコツ

「ブログやってみたいけど、文章上手くないから無理かも。」と思っている方に是非伝えたい。

 

「文章にテクニックはいらない。楽しんで書けば、いい物が書けるようになる。」

 

大丈夫!

ベテラン記者が言っていたのだから、間違いないです!

 

井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室 (新潮文庫)

井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室 (新潮文庫)

 

ベテラン記者の先生が、一押ししていた文章教本。

「初心者が、文章の技法を学ぶなら、絶対これ!」と豪語していました。

でも、授業では、全く登場せず(笑)

学生の時、気になって読んでみましたが、とても分かりやすく、面白かった。

今でも内容を覚えているくらいです。

岩手県で開かれた、井上ひさしさんの作文教室が舞台となっています。

受講生が書いた文章は、びっくりするほど心に刺さります! 

 

 ゼロ円でできる娯楽!こんなモノもオススメです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 買わない暮らしへ